記事内にアフィリエイト広告が含まれています。

ハイレゾ スピカー xiaomi sound move

音響機器
虎雄
虎雄

1.2万円で買える、ハイレゾ対応スピーカー

更新履歴
2023.12.14sound move 発注
2023.12.22sound move 着荷
2023.12.25oneplus nord3 5G LHDC接続問題
2023.12.28sound move update “1.94.14(2023.12.14)”
2024.01.03接続不可問題<解決済>
2024.01.04xiaomi redmi12 LHDC接続不可
2024.01.07おススメできるか
2024.05.24oneplus nord3 5G LHDC接続問題<再>

購入理由

家事+仕事用

キッチンで料理をしながら聞くことと
リビングでWordpress打ちながら聞くこと

この2つの空間を行き来する。

なるべく小さくてバッテリー持ちが良い。

ハイレゾ規格

Aptx-HD、LDAC、LHDC、このいずれかのコーデックが
載っているものが.理想

予算は1.5万円

もちろん、値段を出せば出すほど
良さげなものはたくさんある。

でも、お金は出したくない。

それを解決してくれるのが
時代の進歩

テクノロジー

音響デバイスの最低条件

コスパ音響機器の探し方

安いデバイスになればなるほど
スペックが大事になってくる、と思う。

Bluetooth5.0以上

bluetoothはバージョンが上がれば上がるほど接続時間と接続可能距離が伸びる

bluetoothコーデックはAAC以上

SBC>AAC>apt>aptx-HD=LDAC=LHDCと
情報転送量が多くなる。

ただし、bluetoothのバージョンが上がっても
コーデックが良くなってもデータが元々よくなかったり
再生するスマホなどのディバイスが対応していないなど

実際、各々の機器を接続して
スピーカーを鳴らしてみないとわからない。

Step.1 ハイレゾ音楽ファイル

ハイレゾ音楽ファイルハイレゾ音源ファイルがないと再生できない。

もちろん、音響機器側が保管してくれてハイレゾっぽくしてくれる機能もある。現在、アマゾンプライムでなくとも

月額1080円でハイレゾファイルを再生することが可能。

Step2 再生するデバイス

aptx-HD、LHDC、LDACなどの

ハイレゾファイルを音響機器に接続できるデバイスで再生する。

新しいスマホだとLDACやLHDCには割と対応しているかも。

Step.3 音響機器

aptx-HD、LHDC、LDACなどのハイレゾファイルを

再生できる音響機器を用意する。

なるべく、たくさんのハイレゾファイルに対応している方が良いが

その分値段が高くなる。

あのSONYですら、最新機種ではハイレゾ対応をLDACのみとして

ハイレゾ対応するためのコストを抑えようとしている。

実際、スマホはソニーのLDACと

中華スマホのLHDCの2つに対応していることが多いかも。

我が家の音楽再生環境

専用機器を使えば、もっと良い音質で聴けるのだが
スマホで音楽を転送してスピーカーで再生するのが
一番コスパが良いやりかた。

5人家族で4台スマホが稼働中。

5人家族我が家のスマホ達

楽天モバイルなパパママ、
格安simな子供たち

ハイレゾ対応のOneplus nord3 5Gと
ハイレゾ音源も配信中のamazon music

何が良い音なのか

どこまでの通信規格が必要なのか、
それはメーカーによって見解が異なる。

androidはハイレゾ通信規格まで対応しているのに対して
iphoneはAACまで

データを転送しているからよい音が鳴るとも限らない。

そもそも聞く側の聴力も加齢していけば
高音域が聞き取りにくくなる上

音楽の趣味も変わる!!

新しい家か、古い家か
騒がしい場所か静かな場所か

住んでいる場所によっても音の跳ね返り方

大きな音が出せる環境か否か

上を求めるとキリがない。

4種類の音響デバイス

各デバイス比較表

音を鳴らすデバイスは大別すると
次の5タイプ

スピーカーヘッドフォンイヤフォン骨伝導イヤフォンネックスピーカー
参考画像
使用感
ストレス

疲れにくい
★★★★
長時間は×
★★★★★
長時間は×
★★
軽い
★★★
肩にかける
音漏れ★★★★★
開放型で広い
★★
耳の周り

耳の中
★★★  鼓膜に
振動を伝える
★★★★
自分の周り専用
携帯性★ ポータブル
タイプもあるが
★★★ 折り
畳めるものも

小さい!
★★ 小さい
うえに畳める
★★
家の中用
SONY信者。。。

コロナ媧でリモート会議が増えて
会話専用のスピーカーもあり

目的別専用化が進んでいる。

子育てをしながら使える、2種類のスピーカー

長時間聞くとなると
大きい音が出せるがどうかで変わってくる。

ネックスピーカーは首にかけるタイプ

首にかけるというストレスが嫌でなければ
音響機器として欠点は無い。

aptx対応の安いものも出てきてる。

スピーカーを置くスペースがない、ZOOM会議で使うなど
使いどころは多いかもしれない。

買おうかどうか、検討中!

普通のスピーカー

以前のものと比べて
高品質、コンパクトのものが多くなった。

一時期、技術の革新が凄くて
新製品が出て旧型が投げ売り、というサイクルに
少し変化が出てきた。

家事育児と並走させる音楽

ながら家事、ながら育児

現状、特に音量を制限するような環境にないので

普通のスピーカーで良い!!と、なった私の子育て。

実機レビュー

スペック比較表

sound move+ vs 他社スピーカー(2024)

メーカーxiaomiMarshallBOSEanker
モデル名sound
move
MiddletonSoundLink
Flex Speaker
Soundcore Motion X300
発売年月日2023年4月2023年6月2022年4月2023年12月
参考価格(万円)1.1~1.541.81.1
画像
サイズmm / 重さ177*55.5*55.5/
568g
230*109*95/
1800g
120.1*90*52/
580g
200*93*53/
776g
防水規格IP66IP67IP67IP67
オーディオ出力7.5W*270W30w
再生可能(時間) 最大21最大201213
充電時間4.544
急速充電 w22
電池容量 mAh4150
充電口 / 外部入力USB-C / ×USB-C / AUXUSB-C / AUXUSB-C / AUX
Bluetooth規格
/
コーデック
5.3 /
SBC
AAC


LHDC

5.1 /
SBC





4.2/
SBC





5.3/
SBC
AAC



LDAC
LC
WiFi2.5, 5×××
グレー黒/クリーム黒/銀グレー/青/緑
コンパクト
スピーカー
最高峰

スペック的sound move

圧倒的小ささと小ささに関わらず
ハイレゾ音源を再生することができる

LHDCに対応しているという点

割と無茶なことをしていくxiaomi製品ということだが
音響機器メーカー

現在、サムソングループの一員である
HARMANがチューニングしているというのも高評価

梱包

海外からの個人輸入も

ずいぶん手間がかからない上

梱包も丁寧に。

1か月近くかかるものも少なく

到着から約2週間ほどで手元に。

開封&外観

付属品
  • USB充電器(USプラグ)
  • USBケーブル(type-c)
  • 説明書

説明書は中国語だけど何とか。

外観は高級感ある感じ。

黒の家具に映える。

568gという軽量性

重さ的には500mlのペットボトルより少し重い程度

sound move天面には
コントロールパネル

セットアップ後は基本的には使わないかも。

前面から見るとこんな感じ。

背面には電源ボタンとtype-cの電源ポート

USBケーブルを付けてみると、、、

サイドにはストラップ穴有り

使わないけれども。

なにかと同じくらい大きさだな、と思うと

これだった!

イオンお買い物アプリで
あたった

モンスター355mlのアルミ缶

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

セットアップ

おおまかな手順

日本でこのsound moveをセットアップするのには

インターネットとアプリが必要

Step.01 アプリをダウンロード

小愛音箱か、Mi homeをダウンロード

Step.02 xiaomiアカウントでログイン

無料で作れるxiaomiアカウントでログイン

Step.03 ネットワーク化

アプリ内からWiFiにアクセスして
セットアップ完了

Step.04 Bluetoothペアリング

アプリ内からペアリングモードにしてペアリング

Mi HOMEと小愛音箱の共存は出来るけれど

共存してると本体のアップデートは
小愛音箱からしかできなくなった。

オススメは小愛音箱。

多くのBluetoothがBluetoothボタン長押しで
ペアリング後、すぐ使えるのに対して

sound moveはWiFiなどでネット接続が必須

小愛音箱から呼んでペアリングしないと
LHDCで接続できない可能性

小愛音箱ルート

Step.01 アプリをスマホにダウンロード
欢迎使用小爱音箱

apkpureとかでも小愛音箱はあるからそちらでも可

アプリ内にアプリを更新する機能があるので
最新版にこだわり必要は無し

Step.02 権限を許可

ダウンロード、インストール後、予め、権限を許可

google翻訳でもいいので画像中の中国語を翻訳してくれる
アプリを入れておくと便利

Step.03 アプリセットアップ

Mi acoutでログインMi acountが無ければ作成

Mi acountが有れば、”登録”から進む。

ここだけ、何故か、日本語が選択可能

Step.04 Wi-Fiで初期設定

進めていくと、WiFiに接続せよ的な感じに

WiFiのパスワードを入れてセットアップ完了

セットアップ完了するとWiFiから切断される

Step.05 SOUNDMOVE 初期設定

初期設定なんとなくで進めていく。

これについては簡単なイコライザーなので設定しても良いかも。

日本で利用できないサービスもあるしややこしかったらはこれ。

アレクサ的な使い方ができるみたいだけど
我が家は使っていないので。

Step.06 Bluetooth接続

WiFiから切断されているのでBluetoothでもって接続

Step.07 UPDATE

小愛音箱なるこのアプリのアップデートや
sound moveのアップデートも

小愛音箱から可能

  1. ”更多”をタップ
  2. 下にスクロール
  3. 音箱設置<”升级”をタップ
  4. ”恭喜~”と出てたら最新バージョン

出てなければ、
”soundmove”や”手机”をタップして

アップデートする。

Mi Home(米家)

こちらはgoogle playやapple storeから
ダウンロードできる。

Mi Home - Manage smart devices
Mi Home – Manage smart devices
開発元:Beijing Xiaomi Co., Ltd
無料
posted withアプリーチ

ダウンロード出来て
セットアップも出来るが、、、

sound move本体のアップデートが出来ない。

ちょっと検証中。

英語が設定できるので出来たら
こちらがおススメ。

地域を中国にすると
sound moveに接続は可能。

実際に接続してみた

Oneplus nord3 5G

LHDC問題①

購入当初、LHDCでは接続不可

bluetoothのコーデックを調べるアプリでみてもこの通り

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amrg.bluetooth_codec_converter&hl=ja&gl=US

当初、他のスマホでもLHDCで接続出来ず

販売店に問い合わせたりもした。

丁寧にスマホが使えるのかを聞いてくる

聞いたところで解決せず。

LHDC問題②

しかしながら、2日後に

oneplus nord3 5gが早々にandroid14にアップデート!

これで使えるようになった

LHDC問題③

2024年5月、現在、LHDCで接続できない。

LHDC対応のイヤフォンでは普通に接続できているから

sound move側の問題かと思われ。

xiaomi 12 5G

LHDC接続不可

スペック的には接続できるはずだが
接続できない。

原因は調査中。

MIUIはandroid13相当。。。

LHDC可能なnord3 5Gがグローバルモデルでandroi14

LHDC不可なredmi12 5Gが日本モデルでandroid13

今後のアップデートに期待。

xiaomi redmi note 11 pro 5G

端末自体がLHDCに非対応。

当然、LHDCでは接続できない。

oppo reno 5a

末自体がLHDCに非対応。

当然、LHDCでは接続できない。

音について

省スペース

このスピーカーをもってリビングを
行ったり来たり

省スペースながら背面からも音が出るので
壁に反響して

結構、鳴ってくれるスピーカー

ハイレゾLHDC

LHDCで接続することが出来たら
細かい音まで再現してなってくれる。

エイジング効果

一週間位、使っていくと明らかに
音質がよくなっていく。

音質

出力が15Wと小さいので
音圧を上げて音を聞く

映画とかをゆったり座って聞くには
不向き。

この点では前使っていた
ankerのスピーカーの方が良かった。

しかしながら
BGMとして気軽に聞きたい

作業に集中するための音楽なら
sound moveのほうが集中できる。

AACでの接続だとより
音圧が低くなる。

ジャズとかピアノ、女性ボーカルなどの
高音が奇麗に伸びて

音響メーカーのハーマンが監修しているだけあるなぁ
と思わせる音質。

音圧が高いと響くので
子供が起きてしまうという点も。

設置場所

このsound moveは前面からも
背面からも音が出ている。

部屋で聞くという条件化なら

この背面に逃げていく音をいかに前面反射させていくか
これが良い音で聞ける条件だと思う。

一般的には硬いほうが音を反射する。

少なくとも背面に壁がったほうが良いかも。

充電について

急速充電22.5W対応

必要な電力15Wと意外と高め

古い充電器によっては必要な電力を確保出来ないことも。

100円ショップでも売っている
5V2Aだと10Wなので電力不足。。。

付属の充電器か

Xiaomi製品なので
Gan対応かつ、QC3対応の充電器を用意したいところ。

22.5WなのでQC3だとは思うが、、、

電力切れ問題

給電タップなどについているUSBで充電していると
明らか電力不足で電池切れを起こす。

諸外国に比べて電圧が低い日本なので
これについては仕方ない。

気付かず、電力切れからシャットダウンをさせてしまうと

Bluetoothで接続できなくなり

WiFi化する必要が出てくる。

HOW to Update

小愛音箱

小愛音箱でアプリのアップデートや
sound moveのアップデートも

小愛音箱から可能

”更多”をタップ

下にスクロール

音箱設置<”升级”をタップ

ここで
”恭喜~”と出てたら最新バージョン

出てなければ、
”soundmove”や”手机”をタップして

アップデートする。

今のとこ、最新版で安定している。

sound move

1.94.14(2023.12.14)

特に問題無し。

2.4.40(2023.11.14)

特に問題無し

実際に使ってみて

おススメできるか

LHDCハイレゾ接続について

LHDCというハイレゾ接続が難しい。

LHDCでも10段階あるらしく

sound moveはoption10対応。

そこらへんがネックになって
LHDCで接続できるかどうかの境目な気がする。

スピーカーによっては専用アプリでないと
LHDCなどのハイレゾが接続できなかったりする。

玄人好みでLHDCというハイレゾは
難しいという結論。

xiaomi機器との相性

エントリースマホとは言え
redmi 12 5Gはxiaomi製の2023年後半に出たモデル。

2023年4月に発売されたsound moveとの
相性はある程度期待していた。

xiaomi同士なのでいけるだろう、と。

やはりグローバル版なsound moveと
日本向けredmi 12 5Gでは少し違うのかもしれない。

結論=おススメ出来ない

ハイレンジなスマホでないと
LHDCで接続できない可能性。

LHDC出ないと明らかに聴き劣りするかと言われたら
そうではないが、、、

ハイレゾで接続できないなら
sound moveでなくて良いかも。

2023年現在、SONYのハイレゾLDACで
接続できるスマホも多いし

この2023年12月に1万で
LDACで接続できるスピーカーが発売

苦労したくない人は
こちらがおススメ。

後悔はしていない

苦労はしたが、音質は良い。

私の環境だとLHDCで接続できるので
問題は無し。

省スペースでキッチンにいったり
リビングにいったり活躍している。

この大きさでこの値段で
この音質ならば、LHDCできるなら

買って損は無し。

ただ、LHDC接続自体
日本ではあまり普及していない。

SONYのLDACがあるから。。。

普段はANAでも採用されている
SONYの高級めなヘッドフォンで聞いてるので

耳としては贅沢な耳。。。

1週間

アップデートなどが終わり

トラブルなく運用中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました